不妊ってなに?どこからが不妊?気になる不妊のすべてを徹底解説!

 

不妊で悩む夫婦は、ここ10年の間に増加しました。

 

昔から、赤ちゃんがほしくても授からない、という夫婦は少なくありませんでしたが、女性が一線で働くようになってから晩婚化が進みさらに多くの夫婦が不妊に悩んでいます。

 

日本人の夫婦では10組に1組が不妊症に悩んでいるのです。

 

ここでは、不妊とはなに?どうなったら不妊なの?という疑問を解消していきましょう。

 

 

 

 

・不妊とは?
医学的には、健康な男女が2年以上、避妊をせずに性生活をしているのに子供を授からないことを不妊症と言います。

 

実際に健康な男女が定期的に生活を行った場合、80%が1年以内、90%が2年以内に妊娠する、という統計がありますので、1年間妊娠しなければ不妊を疑ったほうがよいでしょう。

 

もし、女性側の年齢が高いのであれば2年を待つことなく、不妊治療を考えることをおすすめします。

 

もし、生理不順や無排卵などの疑いがある場合は1年を待つことなく、妊娠を希望した時点で通院するようにしましょう。

 

 

 

・不妊の原因は男性にあるの?女性にあるの?

 

これは、ケースバイケースです。

 

一昔前までは、不妊=女性の問題、と思われていましたが現在では、男性、女性、そして双方の問題により不妊となっているケースが報告されています。

 

女性側の原因としては、卵管が詰まっている、排卵に問題がある、子宮に異常がある、子宮内膜症や子宮筋腫などが挙げられます。

 

男性側の原因は、無精子症や精子の動きが悪い、インポテンツ、などがあげられます。

 

これらの原因はひとつだけではなく、複数が絡み合っている可能性もあります。

 

また原因不明の不妊も10%はある、と言われています。

 

原因不明の不妊の場合、医学的アプローチではなかなか妊娠にこぎ着かないケースもあります。

 

医学的に治療する以外にも、適度な運動やサプリメント摂取により妊娠しやすい体づくりを夫婦で継続することが大切です。

関連:不妊サプリで改善

 

 

 

 

・赤ちゃんがほしいな、と思ったら

 

不妊症は誰にでも訪れるかもしれない病気です。

 

1人目はすんなり妊娠したから2人目も大丈夫、と思っていると中々2人目に恵まれない、という話もよく耳にします。

 

だから、1人目でも2人目でも妊娠したいと思ったら、妊娠しやすい体作りと適切なタイミングでの性行為を行いましょう。

 

妊娠しやすくなる栄養素をサプリメントなどでしっかり摂取した上で、排卵日近辺に性行為を持ちます。

 

それを3,4生理周期試したところで妊娠の兆候がなければ、一度通院してみるとよいでしょう。

 



不妊改善サプリ人気の実際レビュー写真付き↓↓