マカを摂取するとホルモンバランスが崩れるのは本当か

マカには不妊に対して一定の効果があるとされています。

 

それだけの効果があるからこそ、問題となってくるのが副作用です。

 

マカの副作用として近年注目されているのが、ホルモンバランスの乱れです。

 

こちらではマカを摂取すると本当にホルモンバランスが崩れることがあるのかについてお話します。

 

マカの利用をしようか、しまいかで悩んでいる方は必見です。

 

 

■本来の効果はホルモンバランスの正常化である

 

・マカにはエストロゲンの様な働きをする成分が入っている

 

マカは妊娠するために用いられるサプリメントの成分ですが、だからこそ女性ホルモンのエストロゲンを強化する働きがあります。

 

女性ホルモンが少なくなっていると妊娠できません。

 

だからこそ、女性ホルモンを強化して、ホルモンバランスを正常化させる効果が実際に期待できるのです。

 

・植物エストロゲン
・アルギニン

 

ホルモンに作用する成分としては、2つあります。

 

植物エストロゲンは、女性ホルモンのエストロゲンを高める働きがあります。

 

アルギニンには、視床下部や脳下垂体の働きを調整します。

 

視床下部や脳下垂体にはホルモンの分泌を支持する仕組みが実際にあり、ホルモンバランスが正常化するのです。

 

 

■ホルモンバランスがマカのおかげで乱れてしまったケースも実際にある

 

・月経の不順が出てしまったことも

 

本来、マカはホルモンバランスを正常化するので、月経の不順が出るといったことは考えにくいです。

 

しかし、マカのパワーが強すぎて、おかしくなってしまう場合もあります。

 

女性ホルモンではなく、かえって男性ホルモンを増やしてしまうケースも報告されているのです。

 

男性ホルモンが強くなると女性ホルモンが弱まります。

 

生理などに大きな影響が出てしまい、妊娠しづらくなってしまうのです。

 

主に、アルギニンの力が強すぎる場合に起こるのではないか、と指摘している専門家もいます。

 

本来はホルモンバランスを整えるアルギニンですが、かえって男性ホルモンを増強して、バランスを乱しているのかもしれません。

 

 

■どうすれば安全にマカを飲めるのか?

 

・決められた用法と用量を守ること

 

単純なことになりますが、用法と容量を守っていればほとんど心配はありません。

 

マカを大量摂取してしまったことで、ホルモンバランスが乱れるケースが出てくるのです。

 

決められた量を守って飲んでいれば、そんなことが起きるとはあまり考えられません。

 

基本的には安全な成分でもあるので、あまり心配しすぎないでくださいね。
関連:妊娠・不妊に効果があるマカサプリ



不妊改善サプリ人気の実際レビュー写真付き↓↓