不妊で悩んでいるカップル必見!どこからが不妊なのか?

現在、分で悩んでいるカップ居るが非常に多くなっています。

 

社会的な問題にもなっており、今後も注視していかなければなりません。

 

そこでチェックしたいのが、どういった状況が不妊と言われるのか、といったことです。

 

子供を望んで、出来なかったら不妊となるのですが、果たしてその詳しい中身はどうなっているのでしょうか。

 

詳しく解説します。

 

 

■医学的な不妊の条件について

 

・2年間健康的な男女が性行為をする
・性行為では避妊をしない

 

以上の条件に当てはまって子供が授からなかった場合には、医学的な不妊と言われる状態になります。

 

なぜ、2年間といった条件がつくのかといえば、
1年間避妊をしないで性行為を続けた場合の妊娠率は通常80%です。

 

2年まで期間を拡大すると、90%にもなります。

 

そのような統計から、2年といった期間が設けられているわけです。

 

ただ、年齢についても大きく関わってきます。

 

女性だけでなく、男性も高齢になると妊娠率が下がることがわかっているのです。

 

特に、30代後半や40代で子供を授かろうとしている場合には、不妊状態になってしまうケースも多いので注意してください。

 

 

・2年を待つことなく不妊治療を実施すべき

 

不妊とされるのは2年だから、それを待ってから治療を開始するカップルも多いです。

 

しかし、年齢が高くなればなるほど、不妊の傾向は強まってしまうのです。

 

結婚時にすでに高齢であった場合には、2年を待つことなく早めの治療を実施しましょう。

 

少しでも遅れてしまうと、妊娠率はどんどんと下がってしまうものです。

 

 

■正しい性の知識をみにつけることも大事である

 

・抱き合っていれば勝手に子どもが生まれる

 

ウソのような本当の話ですが、正しい性教育を受けていないと、性行為をしないでも子供が生まれると思っているケースが少なくありません。

 

抱き合って一緒に眠れば子供が出来ると思っているのです。

 

他にも、キスをすれば子供が出来ると思っているケースも有ります。

 

そういったことをしていたとしても、子供が生まれることはないので、子供を作るためにはどういったことが必要なのかを、まずは把握しなければなりません。

 

 

・妊娠しやすい時期に性行為を行うことも大事

 

男性はいつでも妊娠させられる能力を持っていますが、女性にはそれがありません。

 

場合によっては、妊娠ができにくい時期もあるのです。

 

その時期に合わせて性行為をしても意味がありません。

 

妊娠に関する正しい知識を持つことも不妊治療には大切なことです。



不妊改善サプリ人気の実際レビュー写真付き↓↓