不妊治療って何をするの?どんな種類があるの?

 

不妊治療と、一口にいってもその種類は様々です。
夫婦の不妊の原因に合わせて治療が行われていますので一概にどの方法が優れている、とも言えません。
ここでは、不妊治療の種類をご紹介します。

 

 

・排卵治療
排卵にトラブルがある場合の治療です。

 

排卵誘発剤を利用することが多くなっています

 

クロミフェンやゴナドトロピンといった薬を利用します。

 

 

・タイミング療法
一番初歩的な、治療方法です。

 

妊娠しやすい排卵日を特定しその日を狙って性交渉を行います。

 

病院の場合、基礎体温とともに血液検査やエコー検査を行って排卵日を特定します。

 

 

・ホルモン療法
生理周期に乱れがある、子宮内膜が十分厚くならない、排卵が行われていない、などの不妊の原因がある場合、必要なホルモンを飲み薬で補います。

 

具体的にはエストロゲンや、プロゲステロンなどを用います。

 

 

・子宮内膜症の治療
子宮内膜症は、生理のたびに子宮や子宮外、卵管などに血液がたまり排出されない病気です。

 

卵管のつまりや子宮の形状の異常などをきたし、不妊の大きな原因となります。

 

子宮内膜症の治療は、ピルやホルモン薬を用いた投薬療法から、手術まで、症状に合わせて行われます。

 

 

・人工授精
タイミング法やホルモン療法などの治療をしても自然妊娠が難しい場合、人工授精が行われます。

 

男性の精子を女性の膣内に注入する治療です。

 

医師が行いますので、タイミングと方法に間違いがありません。

 

利用する精子は、夫のものを利用する場合がほとんどですが海外では他人の精子を利用することもあります。

 

 

・体外受精
射精に問題がある場合や元気な精子が少ない場合に行われる治療法です。

 

精子と卵子を受精させてから女性の子宮に戻します。

 

採取した精子を、顕微鏡で観察し質の良いものを選ぶことができますので、妊娠の確率は高くなります。

 

 

・妊娠しやすい体作り
これらの西洋医学を用いた方法とともに、漢方薬やサプリメントを使って妊娠しやすい体を作っていくことも、重要な不妊治療の一つです。

 

不妊の原因は、卵子や子宮、精子の問題だけではなく、体の冷えやストレスにあることもあるのです。

 

それを解消すべく、漢方薬やサプリメントで体の冷えをとり、妊娠しやすい体質に改善していくことも必要です。

 

病院によっては漢方薬を積極的に取り入れているところもあります。

 

冷えをとったり、ホルモンの適正化、疲労回復や精子の製造力アップが期待できる漢方薬もあります。



不妊改善サプリ人気の実際レビュー写真付き↓↓