複数のサプリを飲む時は過剰摂取に注意しよう!

サプリメントは安全なもの、といった認識があるのが確かなことです。

 

しかし、サプリメントにも注意しなければいけない事があるのです。

 

こちらでは、サプリメントを利用しようとしている方に向けて、その危険性についてお話します。

 

 

■決められた容量を守るべき

 

・過剰摂取を控えよう

 

複数のサプリメントを飲むときに、やってしまいがちなのが特定の成分の過剰摂取です。

 

例えば、ビタミンCのような水溶性のタイプは過剰摂取分が全て体外に排出されるので心配はありません。

 

しかし、ビタミンAのような脂溶性のタイプは体外に排出されにくいのです。
体内に蓄積されてしまって、その成分が過多となって、副作用を起こしてしまうこともあります。

 

どんな成分を自分が摂取しているのかをまずは把握しましょう。

 

そして、特定の成分をとり過ぎていないかを確かめてください。

 

もしも、大量にとってしまっているサプリメントがあったら、利用を控えるべきです。

 

ちょっとしたことではありますが、健康になるためのサプリメントで体を壊しては意味がありませんよ。

 

 

■病気を持っている人は医師に相談すること

 

・医薬品との飲み合わせにも注意すること

 

病気を持っている方に注意して欲しいのが、医薬品とサプリメントの成分の相性になります。

 

サプリメントは食品に含まれているような成分なので、あまり心配していないかもしれません。

 

しかし、医薬品との相性が悪いものも少なからずあるのです。

 

例えば、血栓を予防医するための医薬品があります。
いわゆる血液をサラサラにするような効果のある薬になりますが、ビタミンKと非常に相性がよくありません。

 

薬の効果を無効化してしまうこともあるのです。

 

もちろん、少量では問題ありませんが、過剰摂取をしてしまうと副作用が大きく出てしまうこともあるので充分に注意してくださいね。

 

 

■副作用が出にくい飲み方に注目しよう

 

・最も多く出やすい副作用は胃腸の不快である

 

サプリメントを消化吸収するためにも胃腸は働かなければなりません。

 

そこで、過剰摂取をしてしまうと、胃腸の働きが活発にならざるを得なくなってしまうのです。

 

そうなると胃腸に変調をきたしやすくなってしまいます。

 

胃腸を守ってサプリメントを飲めばよいわけですが、その一つの方法に食後の利用があります。

 

食事で胃腸の働きは高まっているわけです。

 

そんな時にサプリメントを摂取すれば、胃腸に大きな負担が出ることもなくなりますよ。



不妊改善サプリ人気の実際レビュー写真付き↓↓