ストレスと不妊には密接な関係が!?ストレスフリーが妊娠への近道!

 

「長い間不妊治療を続けているのに全く妊娠できない」

 

そんな夫婦が不妊治療をやめた途端に自然妊娠できた、という話は珍しいことではありません。

 

不妊治療というストレスが妊娠を遠ざけていたのです。

 

不妊治療だけではなく、さまざまなストレスが妊娠しない原因となっています。

 

ここでは、不妊とストレスについての関係と解決法をご紹介します。

 

 

 

・どうしてストレスが不妊の原因となるのか?
特に女性側に多大なストレスがあると妊娠しづらくなります。

 

人間も動物ですので、ストレスを多く感じていると「この状態で赤ちゃんを作ることはできない」という本能が働くとも言われています。

 

医学的に言うと、ストレスによる生理周期、排卵の乱れ、ホルモンバランスの乱れにより妊娠が難しくなります。

 

特に、妊娠しやすい体を作るエストロゲン、妊娠を継続するために必要なプロゲステロンの分泌減少が不妊の原因となっています。

 

不妊で悩んでいる人の多くがこの二つのホルモンの分泌にトラブルを抱えています。

 

 

 

・妊娠しやすい体作りのためにはストレス発散が重要!
ストレスは妊娠の大敵ということはお分かりいただけたと思いますが、かといってストレスを簡単に取り除くことはできませんよね。

 

仕事がストレスとなっているからといって仕事を辞める訳にはいきませんし、お姑さんがストレスになっていてもお姑さんをどこかに捨てることもできません。

 

だから自分なりのストレス発散法を見つけることが大事です。

 

いらいらしたり、鬱々としてしたりしてしまう時に「これをやればすっきりするよ」という方法を探しましょう。

 

カラオケでも、スイーツ食べ放題でも、友達との愚痴大会でもかまいません。

 

それでもすっきりしなければ、ストレスの源との距離を少し置くようにしましょう。

 

仕事であれば、1日休みを取ると効果的。

 

 

 

・ストレス解消がどうしてもできない!という場合は?
ストレスが解消できないことがストレスとなってしまう、という人の場合無理にストレスフリーを!と言っても逆効果です。

 

そういう人は、ストレスがたまってもホルモンバランスが崩れにくいように、妊娠しやすい体がキープできるように、サプリメントの助けを借りましょう。

 

マカや葉酸、たんぽぽなどのサプリは妊娠しやすい体を作ることで昔から重宝されているサプリですので、利用してみるとよいでしょう。

 

ストレスフリーが逆にストレスになる人にはおすすめです。



不妊改善サプリ人気の実際レビュー写真付き↓↓