徹底解説!妊娠しやすい体作りとは?何をすればいい?

 

妊娠したい、と思ってすぐに妊娠できる人もいれば、時間がかかる人もいます。

 

医学的には健康な男女が定期的に性生活を行っていて2年間妊娠しなければ、不妊症といいます。

 

不妊症と診断されると様々な治療が行われますが、それと同時に自分でも妊娠しやすい体作りを心がけることが重要です。

 

もちろん、不妊症と診断されていなくても妊娠身体な、と思ったら体作りからスタートするとスムーズに赤ちゃんを授かることができます。

 

 

 

@ 妊娠しやすい体ってどんな体?
それは、生理周期が規則正しく、毎回排卵が行われており、ホルモンバランスが適切で、冷えていない、ストレスが少ない体です。

 

当たり前のことですが、妊娠するためには毎月排卵がないと、不可能です。

 

排卵していてもホルモンバランスが崩れていたら妊娠を継続するのが難しくなります。

 

ストレスが多いとホルモンの分泌が減少し、受精した赤ちゃんの元が着床する子宮内膜の厚みが保てずに、着床しづらくなります。

 

 

 

A妊娠しやすい体作りの基本、運動編
妊娠しやすい体を作るためには、冷えをとるためにも、ストレスを発散するためにも適度な運動が重要です。

 

といっても、激しい運動は必要ありません。

 

30分程度のウォーキングや軽いエアロビ、ダンスで大丈夫です。

 

自分の好きな運動がある人は、それを定期的に行いましょう。

 

 

 

B妊娠しやすい体作りの基本、冷え性対策
冷えは妊娠の大敵。

 

冷え=血行が悪い、ということですので卵巣に影響が届かず機能が低下してしまいます。

 

手足がいつも冷たい、冷たい飲み物が好き、シャワーで済ませる、肩こりや腰痛がある、といった冷え性の症状がある人は要注意です。

 

冷え性を改善するための簡単な3つの方法をご紹介しますので、すぐに実践しましょう。

 

・お風呂に30分以上つかる
・冷たい飲み物は飲まない(室温程度の飲み物はオッケー)
・体を温める食材を意識して食べる

 

 

C妊娠しやすい体作り、サプリ編
妊娠しやすい体を作るためにはバランスの良い食事が大切。

 

けど、忙しくて中々栄養バランスが整った食事を作れない、という人はサプリメントに助けてもらいましょう。

 

マルチビタミンや葉酸、マカやたんぽぽといったサプリは妊娠を助けてくれる効果があります。

 

特に葉酸は妊娠前から摂取することで赤ちゃんの奇形リスクを減少させることができますので、欠かさず飲むようにしましょう。

 

サプリで日頃不足している栄養を補うことで、体を健康にして妊娠をサポートしてくれます



不妊改善サプリ人気の実際レビュー写真付き↓↓